平成28年度11月議会における市の虚偽の答弁について

   

平成28年度11月議会において、市は、虚偽の答弁をされました。

 

その件につきましては、致し方なく、先週3月7日の議会質問でも取り上げましたが、

再度、具体的にお伝えしますと、市職員による不適切きわまりない行為に対する11月議会での質問に対し、

あろうことか、市は、「議員御指摘の上司への虚偽の報告を数回行ったこと、部長決裁の行政文書を課長決裁で恒常的に行っていたこと、議会中の度重なる居眠り、市民への虚偽説明等については、事実を把握いたしておりません」と、それらの事実の存在自体の認識を完全否定する答弁をされました。

 

しかし、後日、市は、11月議会での上記答弁をする前に、それらの不適切きわまりない事実を市は、認識・把握していたことを正式に認められました(書証等があるから、おそらく、やむを得ずでしょう)。

 

議会でのこのような市の虚偽の答弁は、不適切きわまりない上記の行為自体と同等か、それ以上に、議会はおろか市民の方々をも愚弄するものであり、けっして許されるものではありません。

 

それでも、市からは、当然のように、市民の皆さまに対して、謝罪はおろか説明すら一切、ありません。

 

皆さま、どう思われますでしょうか。

 - 未分類