ご報告遅くなりました。≪吹田市文化会館(メイシアター)の改修工事についての市の説明会について≫

   

ご報告遅くなりました。

≪吹田市文化会館(メイシアター)の改修工事についての市の説明会について≫

平成29年11月1日(水)に阪急山田駅前の夢つながり未来館において、現在、行なわれているメイシアターの改修工事についての吹田市の説明会がありました。

この説明会について、市は、「急だったからここしか空いてなかった」とのことでしたが、改修工事は今年の5月には決定されていたものであり、まったく急ではありませんし、また、市が改修工事を決定する前に説明会を開くのが、改修工事にかかる二回の入札の不調等の経緯からしても当然のことといえます。

当日の説明会は、「東日本震災での特定天井崩落の数多くの事例からすぐに改正された建築基準法等の法令等の基準からは既存不適格となっているメイシアターの大・中ホールの特定天井の改修工事を行わないとした」市の決定について、出席された市民の方々からは批判の声が大きいものとなりました。

以下に、市長と市の主な説明等を紹介します。
<市長>
・「入札したが2回とも入札は不調(不成立)だった。」(←注.この入札が行われた工事内容には、天井の改修工事とバリアフリー工事が含まれています。)
・「単独随意契約を行えば不調になることはなく、もう工事は完成しているであろう。しかし、私はそれを選ばなかった。」
・「東北の震災や東京オリンピックに人手が取られ、今は、吊り天井の工事ができない。」
・「来年4月にオープンすることは市長の政治責任。」
・「正直、私の時に、はりきって工事をする必要はなかった。軽易な修理をして次に引き継ぐことも可能であった。」
・「震度7の地震が3回来れば危ないが、震度4、5では落ちない。」
・「震度5でも落ちるかもしれない。」
・「吊り天井が落ちるのと飛行機が落ちるのとリスクは同じで予測ができない。」
・「もし、吊り天井が落ちたら、私が責任を取ります。」
・「行政はリスクマネジメントが弱い。」
・「建築基準施行令の改正に伴って、メイシアターのつり天井の工事の必要性を感じていたのではない。」
・「今後30年利用するための工事である。」
・(吊り天井の工事をしないことに大丈夫というデータを出してほしいという市民の方の声に対して)「データ等をお示しできるよう、点検を行う。」

<市の職員>
・「障害者差別解消法はあまり知らない。これから一緒に考えていきたい。」

以上の説明会での市長と市の職員の発言について、皆さまは、どう感じられたでしょうか。
当日、私は、発言を控えましたが、説明会後、多くの市民の方とお話いたしました。
説明会後の市民の方々のお声を以下に紹介させていただきます。

・「この説明会までの市の対応には今までで一番バリアを感じた。」(ある障がい者の方より)
・「震度4、5では落ちんゆうたり、震度5でも落ちるかもしれないゆうたり、無茶苦茶やな。震度7が2回来ても大丈夫で、3回来たら危ない天井てどんな天井やねん。」
・「市長は、大丈夫だというデータ等を示せるよう点検を行うというていたが、ということは、データも何の根拠もなく吊り天井は安全やゆうたんやな。いい加減やな。国会なら辞職に追い込まれるで。」
・「随意契約すればもう工事は完成していたと言いながら、オリンピックで人手いないから工事できないなんて、矛盾してますね。適正な随意契約は、法令上、まったく問題がないですし、随意契約がコンプライアンス違反というのであれば、1年で、吹田市は、随意契約の数だけコンプライアンスに違反していることになりますね。」
・「飛行の度にも法令の基準を充たした上で飛んでいる飛行機が落ちる可能性と、法令の基準に既存不適格となっているメイシアターの天井が落ちる可能性が同じて、市長は無茶苦茶なこというよな。」
・「市長は、自分の発言が矛盾していることに気付いてないみたいですね。」
・「東北の震災のとき、震度5くらいのところでも、ホールとかの天井落ちまくっているのに、震度4、5では大丈夫ですてよういうな。それも、根拠も示さんと。」
・「市長が発言する度、市の職員が暗い顔になるのが分かって面白かった。」
・「市は、何で、バリアフリーと天井の改修という一番すべきことをしないのか分からない。おかしいんちゃうか。」
・「市長の話では、今後30年は、天井工事をするつもりはないいうことになりますね。」
・「1年以上閉められないいうてたけど、そしたら今後も天井工事はせずに危ないまま放置するということやな。」
・「オリンピックのせいで人手不足でできないと適当なこというなら、業者、紹介したるけど。ま、業者いてもやりよらんやろけど。」
・「法令上、大規模改修や建替えでない場合には、特定天井の改修が必要ではない場合でも、普通、市町村は、改修するでしょ。それが行政というものでしょ。」
・「市長は責任取るというてたけど、被害者や犠牲者がでてから、責任の取りようなどない。あの発言は絶対、許さん。」
・「仮に、1点で天井の工事できなくても、そしたら、普通、1年半とかかけても工事するでしょ。危ないのは明らかなんやし。何かあれば、明らかに人災でしょ。」
・「市長は、東北の震災の教訓を無視するというんですね。有り得ないです。」
等々でした(およそ発言ママ)。

私が、当日、一番驚いたことは、説明会に来られた障がい者の方々への市の対応でした。市の対応は、市が、好んでよく発言する「ユニバーサルマナー」などはかけらも見られないといえるものでした。市の職員は、障がいのある方々に声をかけるわけでもなく、配慮されることもなく、およそ。傍観、放置といえる対応でした。
また、市は、この11月1日の説明会をするにあたり、10月20日までと締め切りを設けて質問を募っていましたが、11月10日現在、「寄せられた質問に対する回答については、まだ、作成していない。11月20日に、質問に対する各室課からの回答が、説明会担当室課に来る予定。」とのことでした。
したがって、説明会では、10月20日までに寄せられた質問等に、市は答える気はなかったということになります。市民の方々から、「10月20日から説明会までの10日間以上、市は何をしていたのだ。」との批判があっても当然といえるでしょう。

最後に以下の事実を申し上げます。
東日本大震災の際、震源から遠く離れ震度5強や震度5弱であった東京都や神奈川県において、多くの人が集まるホール等の天井の崩落事故が発生しました。東京都の九段会館の天井崩落では、多くの負傷者のほか、2名の方の尊い命が失われています。失われた生命は返りません。

また、続きをご報告いたします。

 - 未分類