<メイシアター改修行為で天井工事をしないとした市の決定について>

   

メイシアターの改修工事の市の説明会についてのブログ掲載後、多くの市民の方々等からお声をかけていただきました。

例外なく、市が、天井の改修工事をしないことについての疑問、お怒りの声でした。

実際に、東日本大震災では、東北や関東地方で、2,000人収容の会館や最新の耐震設計を取り入れた公共施設でさえ、天井が落下しています。その数は、全国で約2,000か所にも及び、判明しているだけで死者5人、負傷者は70人以上に上ります。震度5の地域でも天井が崩落し犠牲になられた方まで出ています。

※NHK「クローズアップ現代」平成26年4月8日放送分より

 

そして、東日本大震災を教訓に建築基準法等の法令が改正されましたが、その後、発生した熊本地震では、メイシアターより新しい建造物の天井さえ落下しています。

 

 

 

 - 未分類