吹田市の繰り返される誤送付について

   

先日、再び生じた吹田市税務部の市税口座振替済通知書の誤送付について、多くの市民の方から、「市はどうなっているんだ!」「なぜ、市長名で謝罪しないんだ!」「税金がいくら無駄になったか何故いわないんだ!」と言ったお怒りの声とともに、議員からも市に言ってほしいという声が、私のもとにもFAXやメール等でもたくさん届きました。

 

私は、健康医療部の「医療費のお知らせ」の二重送付や税務部の誤送付等、吹田市役所の多くの部署で誤送付が繰り返されていたため、平成29年10月に、「市が発行する文書の郵便業務を総括する総務部は、市が発送する郵便物の宛先やその内容、目的等を把握しているのか、また、それらを発送する各室課には、宛先や郵便物の内容や目的が記載された発送管理簿等はあるのか、について確認したところ、

市の回答は、「各室課の作成・保管状況を把握していない。郵便物の発送については、各所管において、起案文書等により必要な管理がなされているものと認識している。」というものでした。

しかし、確認したかぎり、起案文書以外で発送される郵便物は山ほどあるとのことですし、そして、各所管や各室課には、発送記録簿はまったくありませんでした。

つまり、市から何がいつどこに発送されているかを、市は組織として把握していないということです。このような状態ですから、二重送付や誤送付による税金の無駄遣いや個人情報漏洩が繰り返されても不思議はありません。

そこで、「二重送付や誤送付がこれだけ繰り返されているのだから、防止策として、また、それ以前に、事務の当然のあり方として、発送記録簿の作成等は必要といえるのではないか」と尋ねてみたところ、市は、「考えていない」と言うにとどまらず、「記録簿があっても、今回の事例(二重送付等)は防げなかった」とまで言いだす始末でした。

ちなみに、他の多くの市町村、国の機関は、当然に郵便物の発送記録簿を備えています。

 

また、先日の税務部の誤送付においても、市は、誤送付された市民の方々に、市民の方々からの税金から再度、本来不必要な多額の郵便費用を支出して、具体的な防止策は記さずお詫び文を送るのみで、市報すいたや市のホームページ上では公表する気はないようです。

 

繰り返し多大な混乱や迷惑等を生じさせた上、本来、不必要であった税金を平気でする市の行為を、皆さま、どう思われますでしょうか。

そして、何よりも、それでも抜本的な改善策を示さない、行わないという市の感覚について、皆さまは、どうお思いになられるでしょうか。

 

今回の事案を含め、私からも再度、市に質問・確認しようと思っています。

 

以下に、吹田市税務部より市民の方へ送付された文書を載せます。

なぜか、お詫びといいながら、全部で22,478通を誤送付したことや、その誤送付で市民の方々の無駄にした税金等の金額やお詫び分の送付で要した金額は書かれていません。また、市長名でのお詫びでもありませんでした(特に差出人の名前の点については、私のもとだけでも多くの疑問やお怒りのメールやファックス等がありました)。

 

平成30年(2018年)1月16日 吹田市税務部長 牧内章

 

市税口座振替済通知書の事務処理ミスの発生について(お詫び)

 

平素は、本市税務行政に御理解と御協力を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、平成30年1月9日付けで「市税口座振替済通知書」を送付させていた

だきましたが、これは当方の事務処理ミスにより、昨年6月(固定資産税のあ

る方)または7月(市・府民税のある方)に送付させていただいた通知書を誤

って、再度、送付してしまったものでございます。

ふたたび、市税の口座振替を行ったものではございません。

御迷惑と御心配をおかけいたしましたことを心より深くお詫び申し上げます。

今後は決してこのような事務処理ミスを発生させることがないよう、適正な

事務処理に努めてまいります。この度は誠に申し訳ございませんでした。

 

 

 - 未分類