<吹田市の庁内でのパワハラ問題について>

   

 前々回の<セクハラ等の問題について>以上に、前回の<セクハラ・パワハラ等の問題について>は、ものすごく大きな反響がありました。

 今回は、職員の皆様からお聞きした吹田市役所内及び市の出先機関でのパワハラ行為についてお伝えします。

 

  以下に、実際に、見聞きしたパワハラ行為と思われる役所内での行為の一部を紹介します。

 

 「アホ」、「ボケ」、「帰れ」、「役立たん」、「出て行け」、「辞めろ」、(辞めろという意味での)「仕事考えろ」、「お前のようなやつがいて恥ずかしい」等の発言、

 無視、睨み付け、個室での罵倒、勤務時間外の長時間の電話での罵倒、明らかな差別的な扱いの行為、仕事上の異常ともいえる指示や、「あいつと口きくな」という不当な命令などです。

 

 他にも、あまりにひどすぎて、ここで紹介することができないようなものもたくさんあります。

 

 実際、吹田市では、パワハラのために、休職や辞職に追い込まれた職員の方がたくさんおられます。辞職以上のケースについても聞いております。

 

 しかし、吹田市では、セクハラ同様、パワハラで処分された職員は一人もいません。

 

 皆様、どうお思いになられたでしょうか。

 

 

P.S.  私のブログを見て、メールや連絡くれた職員の皆様、ありがとうございます。

あまりのひどさに涙が出ました。

 

 

 

 - 未分類