9月定例会閉会~ガンバ大阪のホームタウン=吹田市~

   

19日の本会議の討論・採決にて9月定例会は閉会いたしました。
今回の議案は、子ども施策を重点的に拡充に向けた補正予算でした。

拡充していくことで、潜在的な対象者に手が届くようになることは、期待したいところです。
しかし、今までの管理体制などに課題がありながらも広げていく拙速なところやこれによって、質が下がらないように、維持していき、発展させていくことの厳しい現状がありました。
判断は大変苦しいものでしたが、今後の期待を込めて、今予算は可決しました。

今回の質問や委員会を通して、私として伝えたいと感じたのは、いつも思いますが、未来を見据えて取り組む姿勢が大切だと感じました。
 担当職員は目の前のことで必死です。 上司は、その担当が働きやすい環境やヘルプを如何にしていくかという事が大切です。このような構造にて組織として動いています。職場環境はその方のパワーを発揮するのに大きく影響しています。

 現状改善すれば、未来にもつながるということを意識してほしい。今が良ければよい。と思って取り組むのでなくて、しんどい課題でも避けずに乗り越えれば、未来につながるという視点を持って動いてほしい。
 それと、市の現状を改善し、未来を決めていく、提案していくものは、私たちの役目でもあります。そのことを議員一人ひとりがしっかりと自覚し、市民の力と行政の力が融合し、ともに力を発揮してけるようなまちづくりに寄与していきたいと思います^^

 今議会では、10月に竣工されました「ガンバスタジアム」完成を機にさらに、スポーツの発展を願い、また、吹田市の「健康寿命のまち」に貢献していただけるように、市の更なる飛躍を願って、「市を挙げてガンバ大阪の更なるホームタウン活動を推進する決議案」を議員全員で提案いたしました^^

この取り組みは同時に、市民の皆様に議会というものを身近に感じてもらい、議会に対しての市民参画が進めばと思っての取り組みです。その記念に、ガンバボーイが議場にきてすいたんと元気な踊りを見せてくれました^^♪

 - まち産業活性, 議会事務