<セクハラ・パワハラ等の問題について>

   

 前回の<セクハラ等の問題について>で紹介しました吹田市の

「(職務中に、)女性議員を氏名の名で呼んだことにつきましては、●●部内では、そのような事実は確認できませんでした。一般論で申し上げますと、どのように呼ぶかは状況や場、当事者間の関係性などによって決まるものと考えております。」

という主張については、ものすごく大きな反響がありました。

 主なお声を紹介しますと、「考えられない」、「公務員が職務中に女性の下の名前を呼ぶことは職員同士であっても問題。しかし、それ以上に、そんな事実はないと隠ぺい方が問題。」、「セクハラ行為に対し当事者同士の関係で決まると公式に言うて、吹田市は大丈夫ですか?そんな発言はありえないし、仮に当事者同士が夫婦であったとしても、環境ハラスメントでしょ」、「市の言い方では、まるで、女性議員が、その職員に気があるかのような言い方で、二重のセクハラですね」、「どこの課ですか」などでした。

 

 どこの課であるかについては、今後、必要性が増せば、公表いたします。

 

 前回もお伝えしましたように、吹田市の多くの職員の皆様から、ひどいセクハラ・パワハラについて多くのご相談を受けており、そのことは吹田市に当然、伝えております。

 しかし、吹田市では、(是正は望みますが、処分は望むものではけっしてありませんが、)このような実状に反し、セクハラ・パワハラでの処分事例は一例もありません。

 本日は、私が、職員の方々から伺ったセクハラと思われる男性職員の発言・行為を以下に紹介します。主なものは、

「上から下までいつもずっと見られる」、「胸元ばかり見られる」、「(下の名前で)○○ちゃんと呼ばれる」、「下の名前で呼び捨てにされる」、「(他の女性職員を)○○ちゃんと呼ぶのを聞かされて気持ちが悪い、気分が悪い」、「彼氏いるのと聞かれる」、「繰り返し飲みに誘われる」、「二次会に連れて行かれる」、「(他の女性職員について)、あの娘、かわいいなあと言う」、「○○課の○○ちゃんを課の飲み会に呼んで」、「あのブ○〇〇、よう結婚できたなと皆の前で言う」、「好みの女性職員とは明らかに扱いが違う」、「(仕事とは関係のない)メールがよく来る」、「今日、デートか。と言われる」等です。

 他にも、ここでは紹介できないようなひどい事例も聞いております。

 

市民の皆様、どうお思いになられたでしょうか。

 

 次回は、吹田市のパワハラ事例をお伝えします。

 - 未分類