吹田市議会議員いそがわゆか

市民のための市政に!あなたの想いを届けます。

いそがわ5月定例会個人質問(緊急事態宣言中の市長公務)

   

いそがわ 個人質問より
緊急事態宣言中の市長公務について(( )かっこは発言はしていません)

①緊急事態宣言中、登庁日の内部協議以外の時間、市長は市長室にいらしたのか。また、宣言中も市長は公用車で登庁されていましたが感染リスクは。さらに、市長公務の中止等の判断基準は

→登庁日における内部協議の時間を除き、市長は市長室にて執務していた。公用車における感染リスクにつきましては、車内での十分な換気に留意していた。
(必ず公用車を使わないといけないという規定はありません。実際、災害時等について、利用しない旨については規程で書いています。)
 また、緊急事態宣言期間中、内部協議以外の公務については、新型コロナウイルス感染症関連におけるメディア対応を除き、原則中止として。
                       
②市役所に登庁をされていなかった開庁日の7日間、市長は具体的に何をされていたのか。活動記録はあるのか。

→緊急事態宣言期間中は、在宅にて執務していることを記録している。内容は、新型コロナウイルス感染症対策として、副市長等への指示、関係部局からの報告等を受けていました。

 つまり、吹田市役所は、緊急事態宣言中7日間、トップ不在でした。その市長は、感染リスクの少ない市長室にて行なっている執務とほぼ変わりないことを在宅にて行われていたとのことでした。
また、テレワークはオフィスワークでの集団感染を防止する観点から推奨されています

(なお、市職員には、集団感染防止の取組みのために、妊婦や遠方から来ている公共交通機関利用者等を優先に在宅勤務をするよう方針を出しています。)

市民の代表の方の動きはきっちりと透明性を持っていただく必要がある意味を込めて質疑を行いました。 

以下、公務日程(記載のない日は公務なしです)
https://www.city.suita.osaka.jp/home/sityoshitu/_77960/_77975.html#10

 - 未分類